チアシードで便秘解消!

チアシードの便秘解消効果が高い理由

チアシードを摂取することで一番の得られる効果として便秘解消効果が挙げられます。

便秘解消に役立っている成分はグルコマンナンです。

チアシードを水に浸すとドロっとしたジェル状になりますが、このジェル状のものがグルコマンナンです。

グルコマンナンはコンニャクにも含まれる栄養素です。

グルコマンナンが腸内で溜まっている便や老廃物を絡め取り、自然に体外に輩出してくれます。

チアシードで便秘解消

チアシード含まれる豊富な食物繊維

チアシードに含まれる食物繊維は、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方を兼ね備えており、これは食物繊維の代表格のゴボウとほぼ同じです。

ゴボウは調理が必要なのに対してチアシードはそのままか水に浸すだけです。
手軽さもありがたいものです。

グルコマンナンと水溶性、不溶性の両方を兼ね備えた食物繊維の働きにより、便秘解消に高い効果をもたらしています。

便秘解消だけでなくダイエット効果もあるので、海外セレブや日本のモデルさんやタレントさんに愛用されています。

海外セレブではミランダ・カーさん、日本のモデル・タレントではローラさん、叶姉妹、藤原紀香さんなどが愛用されており、ブログやSNSで紹介しています。

便秘解消に効果的な食べ方

チアシードの便秘解消に効果的な食べ方は、そのまま食べるでも良し、水に浸してジェル状にしてから食べるでもよいです。

そのまま食べる場合は1日大さじ一杯を目安に、その10倍以上の水を飲むようにしてください。

ダイエット効果も欲しい場合は水に浸してジェル状にした物を食べた方が効果的です。水に浸してジェル状にした物をチアジェルと言いますが、チアジェルにした方がいい理由が他にもあります。

チアシードをそのまま食べるのは発芽毒があるので良くないという説もあるのです。

発芽毒は玄米などにもあると言われていますが、玄米は水に浸してから炊きますよね。

どうやら発芽毒は10〜42度の水に12時間浸すとその毒性が消えるようです。

面倒かもしれませんが、安全性を重視される方はチアジェルにしてから食べる方がいいでしょう。

チアシードの危険性については、こちらで紹介しています。
チアシードで便秘解消

朝食時に食べることがおすすめ

便秘解消のためには朝食時に食べた方がいいでしょう。

そのまま食べる場合は食前30分くらいがちょうどいいと思われます。

チアジェルが量が多いと感じる場合は、朝と夜に分けても大丈夫です。
ヨーグルトやスムージーに混ぜて食べるのが一般的です。

またスープや味噌汁に入れでもいいのですが、チアシードに含まれるオメガ3脂肪酸は加熱に弱いので、できるだけ冷たい物と混ぜた方が良いようです。

オメガ3脂肪酸は便秘解消よりダイエットやアンチエイジングに効果がありますが、体内では作れないものなので、せっかくだから摂取した方がいいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。